読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

雷雨にわななく!

今日は通院日。予約時間が15:00といつもより遅かったので、出発もいつもより遅かった。

 

天気予報では午後から関東各地で雷雨だなんて・・。こんな日はいつもなら絶対家から出ないのに、今日はMustで出かけなきゃならないのね。皮肉だわよ。

 

しかも今日は、先週の胃カメラ検査の結果を聞きに行ったので、わたしの気分は重くて重くて・・。嗚呼、なんだか不吉な予感。天気も検査結果も。

 

そして予報的中!五反田に着いた頃には空が真っ暗になって、東急池上線に乗る頃には横殴りの雨と稲妻。来たよ来たよ。イヤだよ雷キライなんだよ。

 

なんて内心思っていたけれど、目的地に着いたらそりゃもう凄い雷雨・・・。外が豪雨と稲妻で真っ白に見えた・・・!

 

病院前のドトールに飛び込んで、

アイスコーヒーを飲んでふ~っと一息ついていたらガラガラガシャーン!

落ちたか!?と思った時、一瞬店内が停電(:_;)

 

家に残して来たインコたちが心配で心配でたまらない。

早く帰らなきゃ。早く帰りたい!

 

それなのに6月に転んで割れた半月板の痛いこと。

これは多分気圧痛というやつかな。

よく骨折をしたことのある友人が、雨の日は今でも古傷が痛むって言ってる、あれ。

わたしの膝の痛みも、骨折痕ほどじゃないだろうけれど、いつもよりずっと痛んだ。

気持は焦って家路を急ぐのだけれど、実際にはいつもの半分以下のスピードしか出ない。道行く人がみんなわたしを追い越して行く。老いも若きも。

 

・・トロイ、わたし。

 

雷を、おそらく本能的に恐れる動物。例えば犬なんかもそうじゃないかな。わたしが昔飼っていたワンコは、雷が鳴るといつもリビングのカーテンの下に潜って震えてた。雷の最中、散歩なんてもっての他だったな、ナス男くん。そして今日はボタンズもセネガルゴンちゃんも、きっと怖かったはず。ごめんね小鳥たち。そしてみんな無事にお留守番していてくれてありがとう。

 

わたしの検査結果は大事に至らず、ポリープは3つあったけれど全て良性のもので、手術の必要も何もない、きれいな胃と十二指腸ですって。消化器内科のドクターに笑顔で胃がきれいですと褒められ、ホッとして病院を出た頃には、雷雨は去っていた。

 

スリリングな一日でした。

f:id:circax:20150724210936j:plain