circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

それでも秋空を見上げる

郵便受けに、一通のハガキが届いていました。

 

地元商店街にあるメガネ屋さんから、閉店と、それに伴うセールを告げる内容が書かれていました。「ああまたひとつ地元の商店街から、慣れ親しんだお店が消えるんだな」と、寂しく思いました。去年の春以降、わたしの地元ではお店が次々と閉店しています。新しいお店だけじゃなくて、もう何十年も昔からあったお店まで、ひとつまたひとつと、閉店しています。昔から折に触れお世話になっていたメガネ屋さんも、あと一か月後にはこの町から立ち退いてしまいます。こんな状態なのに来年更に増税が来るなんて・・ますます気が重くなります。以前は活気にあふれていた商店街が、どんどん生気を失っていくなんて。そして、わたしたちの生活がもっと締め付けられるなんて・・。丁寧に感謝の気持が綴られたハガキを読み返しながら、寂しさと虚しさでいっぱいになりました。

 

毛布にくるまって全身を覆う痛みに耐えながら、今日はずっと窓越しに見える空を眺めていました。とても綺麗な空でした。耳を澄ますと時折、弱々しい蝉の声が聞こえてきたけれど、高くなった空は、すっかり秋の様相でした。

 

あの綺麗な空を間近で見たいな。外へ出たい。歩きたい。

そんなことをずっと思いながら、毛布にくるまっていました。

横になっていても、痛みで眠れる訳でもなく、今日は少ししんどい一日でした。

けれど夕方になってやっとTシャツとジーンズに着替えて、すっぴんのまま出掛けました。

 

ポテチがむしょうに食べたかったんです( ;∀;)

 

ポテチと豆腐を一丁買ってスーパーを出たあと、近所の公園まで歩きました。

夕暮れの空も綺麗だけれど、今日はもっと早く出て来たかったな。

 

もっと自由に、この身体が動いたら。

思い通りに、この身体が動いたらいいのにな。

でも今日は、お豆腐が安かったからいいや。

うす塩とのり塩も買えたし。

 

公園のベンチに座りながら無理矢理な理屈をこねて、たらればの気持に何とか折り合いをつけていました。そして少しでも痛みが楽になればと思い、ベンチに座ったままゆっくり身体を動かしてみました。

 

まずは膝の屈伸運動。割れた半月板を傷めないように、慎重に動かしました。

次に、肩甲骨周りの血流が良くなるという運動も、ゆっくりとやってみました。この前テレビで見た運動です。

 

結果、身体の痛みは倍返しに・・( ;∀;)

(膝は大丈夫でしたが)

なんで、どーして?

わたしのやり方がマズかったのかも知れません。

マズイ、マズイよわたし。

家までちゃんと歩いて帰れるのかな( ;∀;)

 

今日はわたし、無理し過ぎちゃったな。

でもポテチがどうしても食べたかったし、ネットで見つけた塩豆腐も作ってみたかった。どうせ身体の痛みはいつまでたっても消えやしないんだから、頑張って出て来なければ、どちらにもありつけなかったよ。

 

わたしのがっついた食欲に万歳( ;∀;)

 

無茶をした自分を反省しつつ、塩豆腐の出来栄えは、明日のお楽しみです。

f:id:circax:20150913204536j:plain