読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

参ってます

何でこんなに凹むんだろう。

というか、何でこんなに凹みやすいんだろう。

体調が悪いからだろうか。冬はいつも持病が悪化する。

筋痛症然り、アレルギー然り、うつ然り。

ルンルン気分で冬場を過ごしたことなど、滅多にないのは事実。

でもこの冬は殊更キツイ。メンタル的にもフィジカル的にも、キツイ。

 

去年暮れ、可愛がっていた小鳥が死んだ。

これはわたしにとっては大打撃だった。

昨日仕事始めで、年末ずっとお世話になっていた獣医さんに電話をして、小鳥が落鳥したことを報告しながら泣けてきた。獣医さんも看護師さんも、電話の向こうでとても優しいので、余計に泣けた。

 

これもわたしの凹みに拍車をかけているんだな。

当たり前か・・。

 

凹むと思考は当然後ろ向きになる。

そして負の連鎖から抜け出せなくなる。

そんな時、わたしはひたすら眠る。

眠っている間は堂々巡りの凹み思考からも、身体の痛みや不調からも逃れられるから。

凹みが酷い時、よくうなされる。

でも幸いなことにここ数日は、夢の中だけは平穏だ。

わたしは夢の中で笑っていたり、幸福感を味わったりしている。

 

精神的に参っている時も、時には小さなラッキーに遭遇出来ることを知る。

 

迷路に迷い込んだような気分だけれど、出口が見つからない今は、ジタバタせずにいるしかないらしい。無駄にあがいてこれ以上迷路の奥に迷いこまないように、じっと耐えるしかないのかも知れない。自分なりのストレス解消法は細々と続けているけれど。

 

人生にも四季があるっていうのは、吉田松陰の言葉だったっけ。

今のわたしはまさに冬の真っただ中。

それでも生きてりゃまた、春が来る。

ジタバタせずに、大人しく凹んでいよう。

そして桜の季節をじっと待とう。