読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

GWは大掃除

GWが始まって、町がいつもより静かになった。毎年のことだけど、大型連休中は旅行に行く人が多いのだと思う。わたしの友人も今頃は箱根で温泉に浸かって、山菜のフルコースなど食べてくつろいでいるんだろう。ひやかしでLINEでもしてみようかと、意地悪なことを思いついた。でも大人だからそんなことはしない。楽しいお土産話、待ってます。

 

わたしはというと、この連休中は、家の大掃除に取り掛かっている。大掃除って普通は師走にやるものだけど、わたしは冬の寒い日に窓を拭いたり網戸を洗ったりというのが苦手なので、この数年はいつも衣替えの季節とか真夏に大掃除をするようになった。今日はまず玄関周りと、寝室の片付けから始めた。

 

わたしは杖を何本か持っていて、その日の体調に合わせて軽いものや、少し重いけど安定感があるものを使い分けている。でもこれが狭い玄関に何本も立てかけてあると、結構邪魔になる。そこで最近使っていない杖は全て、収納スペースへ片付けた。余り履かないスニーカーは、この前100円ショップで買って来たシューボックスに入れてこれも片付けた。狭い玄関だけど大分スペースが出来て、それなりに広々と見えるようになった。

 

寝室はことあるごとに片付けをしているつもりでも、気がつくとやっぱり要らないものが増えている。去年の今頃大掃除をして以来だから、約一年分の「不用品」がたまっていた。今日はひとまず、紙類の仕分けから。一年前の電気やガスの請求書やら、銀行のダイレクトメイルやらが、結構たまっていた。それらを一枚一枚チェックすること2時間。大きな紙袋一杯にゴミが出て、部屋の中がかなりペーパーレスになった。

 

嗚呼疲れたと手を休めて、ブラックコーヒーをすすりながら窓の外を見る。

木々の緑が随分濃くなった。

夏が来る前のこの季節が、わたしは一番好きだ。暑すぎず、寒くもないので過ごしやすい。

 

さて、休憩も終わって次は洋服・・と思いきや、洋服に関しては、わたしはもう捨てるものが殆どない。数年前に断捨離が流行った時、わたしも意を決して要らない服を片っ端から捨てて、それ以降服は殆ど買わなくなった。洋服に限ったことではないけど、新しく何かを買う時は、よーく吟味して、本当に自分が欲しいもの(そして必要なもの)だけを買うことに決めたのだ。特に服は、一枚欲しければ一枚捨てる約束を、自分に課した。すると意外なことに、無駄買いが激減した。「捨てる一枚」が見当たらない程クローゼットの中をタイトにしたおかげで、「これを買う為に、捨ててもいい一枚がない」状態になったのだ。とはいえ勿論、穴が開いたら迷わず捨てて、新しいものを購入するけれど。

 

汗をかいたのでシャワーを浴びた。

そしてまたブラックコーヒーをごくり。ああ、心地良く疲れた。

先週漬けたフルーツ酢も、氷砂糖が溶けきってもう飲み頃だ。

これを冷たい牛乳で割って飲むのが、わたしの夏の楽しみのひとつ。

ご近所にもおすそ分けしたいので、明日はヘルパーさんにもう少しフルーツを買い足して来て貰おうか。

 

さて、今日の大掃除はここまで。あとはのんびりラジオでも聞いて過ごそう。

f:id:circax:20160501153848j:plain