circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

シロタ株と白湯

わたしはもともと、薬の副作用で便秘が酷い。病院では鎮痛剤の他に数種類の下剤も貰っているけれど、薬は飲み続けると効果が出にくくなってくるもので(わたしの個人的な感想ですが)、最近は更に便秘が酷くなった。

 

どぎゃんかせんといかん。

 

ヨーグルトを食べたり、色とりどりの野菜を食べたりと、地道に色々してみた。効果のほどは中々だった。でも梅雨に入って以来この湿気のせいか、食欲が落ちてしまい、今は挫折している。食べ物から食物繊維を摂るのが勿論、一番いいのだろうけど、さして食欲もない時に、キャベツを切ったり野菜マリネを作るのは正直、面倒なのだ。そこで半信半疑で飲み始めたのが、ヤクルト。

 

今はヤクルトも何種類か出ているけど、わたしが飲んでいるのはNewヤクルトというやつ。生きて腸内に到達する乳酸菌、シロタ株が200億個入っているやつだ。近所のスーパーで、5本入り198円。これが最近、常時冷蔵庫に入っている。昔、甘いものが苦手な近所のおじいちゃんが、ヤクルトだけは毎朝飲んでいたのを思い出したのだ。それでわたしも真似することにした。結果は良好だった。200億個のシロタ株の恩恵にあやかって、わたしの腸内は少しずつ綺麗になって来ているのだろうか。期待が膨らむ。

 

でも、これだけではわたしの場合、物足りない気がするのだ。なんせわたしの便秘は頑固一徹。飲み続ける内に、調子がいい日とそうでもない日が交互にやって来るようになってしまった。下剤は余り期待出来ないし、さて次はどうしよう。

 

そんな時、ネットの記事で「白湯」の二文字を見つけた。正確には「白湯ダイエット」と書いてあったのだけど、その記事を読んでハッと思い出した。筋痛症仲間の多くが、朝と言わず夜と言わず、白湯を飲んでいることを。彼女達が飲むのはダイエットの為というより、白湯を飲むことで体温を上げ、免疫力を向上させるのが目的なのだけど。或いはデトックス効果を狙って飲んでいる人も多い。

 

そうだ、これだ!

 

お金も体力も使わず、ズボラなわたしでもこれなら始められる。ということで、ポットでお湯を沸かして白湯を作ってみた。作ると言ってもただ、沸騰したお湯をマグカップに入れて自然に冷まして、唇が火傷をしないくらいの温度まで下がったら、ゆっくり飲む。ただそれだけだ。今わたしは、朝、昼、晩と日に3回くらい飲んでいる。

 

この数日白湯を飲み続けた個人的な感想は、

1) 便通が良くなった

2) 身体の冷えが大分マシになってきた

3) 利尿効果もある

4) 眠くなる

今のところこんな感じだ。体重は因みに、全然落ちていない。

 

便秘の改善だけではなくてわたしの場合、白湯を飲むと身体が温まるせいか眠くなる。寝不足でもないのに、白湯を飲んだ後は軽い眠気に襲われるのだ。ってことは、白湯は寝る前に飲むのもいいのかも知れない。そこでネットで検索してみたらビンゴ。就寝前の白湯も大変良いと書いてあった。白湯はありがたいことに、一日何杯飲んでも身体に害にならない。しかも作り方は超簡単。お湯を沸かしてマグ(か湯呑)に入れて冷ますだけ。ダイエットの効果は正直、殆ど期待していないけど(ナントカだけダイエットって、わたしは信じていないので)、身体のデトックスと免疫力向上を目指して、暫く飲み続けてみようと思う。

 

シロタ株と白湯に淡い期待を寄せながら、雨降りの空を見上げる朝。

f:id:circax:20160625133628j:plain