circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

新たな発見 朝のウォーキング

暑さを避けて、毎朝8時過ぎには家を出て歩いている。身体の痛みが楽な時は杖無しで、40分位歩けるようになった。体調が悪い時は10分とか20分歩く。もっと悪い日は、ウォーキングそのものを休む。決して無理はしないようにしている。歩く時間の長さじゃなくて今はまだ、ウォーキングを長く継続する事が目標だから。

朝歩いていると、色んな動物に出会う。色んなと言っても都会の住宅地だから、珍しい動物には会わないけど、案外これが楽しかったりする。

f:id:circax:20160724094525j:image
朝ごはん探してるんですか、鳩さん?

f:id:circax:20160724094743j:image
食後の運動ですか、鳩さん?

f:id:circax:20160724094833j:image
猫もいる。
でも猫に好かれないわたしは、よく背を向けられてしまう。

f:id:circax:20160724095053j:image
あ、待って〜猫さん。
…ま、大丈夫。いつかわかり合える日が来る。

f:id:circax:20160724095225j:image
向日葵にも出会う。
動物じゃないけど、わたしの好きな夏の花だ。テンションが上がる。

f:id:circax:20160724095347j:image
わたしのかわりばえのない毎日に、小さな出会いや発見が加わった。わたしのウォーキングは、長い一日の中のほんの数十分の間だけど、頭の中を真っ白にして過ごせる、貴重な時間だ。身体は疲れるけど、無理をしないせいかこの頃は疲れも心地良い。頭の中を真っ白に出来る数分間は、一日で一番ストレスフリーな時間でもある。

夏の暑さに身体を慣らすため、体力をつけるために始めたウォーキングだけど、ベネフィットは意外にも多いことに気が付いた。ウォーキングを始めてからわたしは、夜考え事をしなくなった。代わりに朝歩いている時に考える。すると、自分なりの落としどころや納得のいくものが、すんなり見つかるようになってきた。勿論、朝歩き始めたからといって、すぐに何でも答えが出るようになった訳じゃない。ただひたすら、歩く事にだけ集中していると、ふとした瞬間にあっ!と思うような発想が浮かんでくるのだ。煩わしい事は捨てておく心の余裕を、歩く事で得られたのかも知れない。どうでもいいやと開き直った時に、あれだけ探し求めていた答えが向こうから歩み寄ってくる。そんな事もあるんだな。

自分自身と向き合うにしても、目の前の問題に取り組むにしても、朝と夜ではこんなに考え方が変わるんだと言うのも、新たな発見の一つだ。だから余計に続けたいと思う、朝のウォーキング。