circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

猫だよ 雨だよ 選挙だよ

家を出た時はまだ、太陽がさんさんと照りつけていた。

 

f:id:circax:20160729094410j:plain

ファミマのベンチでスポーツドリンク飲みながらタバコ吸って休憩していた時も、こんなにもピーカンな朝だった。

 

でも約一時間のウォーキングの後帰宅して、シャワーを浴び、洗濯物を干し終えた直後に天気予報はドンピシャに当たった。お昼には全開の窓から霧雨がさらさらと風に乗って吹き込んできた。慌ててベランダへ戻り、洗濯物をとりこんで室内に干し直す。

 

この数日、股関節の痛みは増すばかり。家の中を歩く時も、無意識に右足のつけ根に手をあてながら、足を引きずっている。ウォーキングを始めてから起きた痛みだから、多分運動が原因で痛み出したんだろうな。必死で姿勢を正しても、わたしは歩き方変だし。

 

ネットで色々と検索したら、股関節に負担をかけない方法のひとつに、杖を使って歩くと良い、なんて書いてあった。でも、その杖に頼らず歩けるようになりたくて早朝ウォーキングを始めたわたしは、一体どうしたらいいのよ。

 

ひとまず、ロンドンの幼なじみにメイルを送った。股関節痛ではわたしより遥かに年季の入った彼女。一刻も早く手術が必要と、向こうの医師に言われ続けている。彼女からの返事には、股関節痛に効く緩いストレッチ法や太極拳のやり方が詳しく書いてあった。彼女も仕事の合間にジムでトレーニングをしているけど、痛みは一生の付き合いになるだろうねと、わたしよりも達観している様子。わたしも早速、彼女から伝授して貰ったストレッチだのを試してみることにする。その他に痛みを軽減しつつ、ウォーキングを継続出来る方法はないかな。

 

そういえば何年か前に買ったトレッキングポールがある。登山は、わたしは出来ないけど、平地を歩くのにも松葉杖より遥かに軽量で歩きやすいと、以前、線維筋痛症の患者さんに教わったんだった。手首を痛めてストックを握れなくなって以来使っていなかったけど、明日も股関節の痛みが酷いようなら、トレッキングポールを使って歩いてみようかな。そうだ、ウォーキングがわたしには負担がかかり過ぎるなら、ノルディック・ウォークに切り替えればいい。よっしゃ、問題解決!

 

さて、ウォーキングの途中で出会った猫。今日は何と三匹もいた。

f:id:circax:20160731080838j:plain

猫に好いて貰えないわたしなのに、この三きょうだいは逃げることもなく、ずっとカメラ目線でポーズを取ってくれた。多分、見知らぬオバちゃんもカメラも怖くてフリーズしていたのだろうけど、じっとこちらを見ている姿が何とも可愛くて、思わずおいでおいでと手招きしてしまった。

 

f:id:circax:20160731080936j:plain

ホントに来た。

 

f:id:circax:20160731081030j:plain

子猫だから、警戒心がないのかな。それとも人慣れしているのかな。子猫達からゆうに10メートルは離れたところから望遠で撮影していたんだけど、わたしがカメラを向けている5分くらいの間に、猫達はじりじりと近づいてきてくれた。明日もこの道を通ってみよう。

 

朝は真夏の暑さと太陽、そしてギズモみたいな顔の子猫三きょうだいと出会い、帰宅して汗を流して、身体中に温湿布をべたべた貼って(痛みの応急処置)、そして昼には雨が降り出した。霧雨が今は本降りになって、大粒の雨が北窓から吹き込んで来ている。流石に窓を閉めた。

 

今日は都知事選の投票日。先週末、一足先に期日前投票を終えたわたしは家でゆっくり寝転んでいるけど、今回も投票率が低いみたいね。みんな、選挙行こうよ。今回の候補者は濃い人多いよね。NHK政見放送見ながら、毎日爆笑したり、呆れたりしていたよ。

 

でも、オバちゃん思ったんだ。真剣に選挙演説をしている候補者達と、意味不明な経歴をHPに載せて、政見放送放送禁止用語を連呼しながら踊ってた若者と、違いは何なんだろうって。選挙の前は、候補者ってみんな、いい事を言うし、いい事しか言わない。当選してそれを実行してくれるならいいよ。でも一旦当選してしまうと、「こんな筈じゃなかった」って、裏切られた感満載の歴代都知事が多かった。「良識人っぽい」候補者と、まるで選挙そのものを嘲笑うかのように「ピー発言」を連発する候補者の間に、オバちゃんは正直、違いを見い出せなかった。昨日、あの若者がテレビのインタヴューで、「自分で見て、考えて、いいと思った人に投票してくれればそれでいいです」と真剣な顔して言っているのを見て、あ、この子ただのバカじゃないのかも知れない、と思ったんだ。若者、いい事言うじゃん。

 

一日之長(いちじつのちょう)みたいな顔をしていながら実は腹黒いインテリに習わず、まるでメディアも選挙そのものもバカにしたような振舞いの若者。でももしかしたら現政治に対する反発を、彼なりに表現していたのかも知れないと思ったら、立っていた腹もへこんだ。かと言って彼にわたしの一票は差し上げられなかったけど。築地移転、確かにわたしもイヤなんだけどね。

 

NHKをぶっ壊すって、笑顔に握りこぶしで9回言ったあの人も、さんざん笑わせて貰ったので気持だけは汲むよ。公約としては全く不完全だし、偏り過ぎだけど。

 

雨と猫の話からグッと逸れて、都知事選の話になっちゃった。

 

歪んで不安だらけの時代を生きるのは生半可なことじゃないけど、こんな世の中を変える為に、都民のみんな、自分の目で見て考えて、今日は選挙へ行こうね。きっといい事あるよ。悪い事ばかりは続かないから。あなたが持ってるその一票を使わないと、いい事は始まらないんだ。だからあなたの想い人の名前を、投票用紙に書いてきてね。と、オバちゃんは心よりお願いしたい。

 

f:id:circax:20160730142251j:plain

じゃあオバちゃんそろそろ、自分で作ったヨーグルトゼリー、いただくわ。