読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

股関節アルトロ検査終了 痛かった・・

今日の雪を見ながら二日前、季節外れの暖かさで19度もあったのは奇跡だったなあと振り返った。事前から「痛い検査」という前知識だけは持っていたので、検査日が来るのが怖くて仕方なかった。だから暦の上では小雪だった火曜日、あんなに晴れて暖かかったのはわたしにとって、不幸中の幸いというか、とにかく嬉しかった。

 

検査当日。噂に違わず、検査はえらく痛かった。検査着に着替えて検査台に横になると、看護師さんがお腹から下に毛布をかけてくれた。そして「ちょっと下着取りますね」と言って検査着(ジャージのズボン)と一緒にパンツをおろされた。毛布の下であらわになった箇所に、看護師さんが慣れた手つきで前張りを貼る。これははっきり言って、恥ずかしかった。だって周りで検査の準備をしているスタッフの大半は男性なのだ。まあ、あらわになったままよりは良かったかも知れないけど。

 

でも恥ずかしいなんて悠長なことを思っていられるのは、この一瞬だけ。検査が始まるや否や、恥ずかしいなんて感情は頭から吹っ飛んで、顔をゆがめ身体をよじって「痛い、痛い」を連呼するハメになった。こんなに痛い検査、生まれて初めて受けた・・・。特にわたしの場合、右足を真っ直ぐ伸ばしていなければならないのが、一番辛かった。だって夏からずっと股関節痛のせいで、未だかつて足を真っ直ぐ伸ばして横になれないのだから。

 

Facebookでも検査前に「怖いよ~」と泣き言を書いていたら、ニューヨークで線維筋痛症と暮らしている友人が何と、元レントゲン技師として働いていたことをカミングアウトして、この検査について詳しく教えてくれた。今は退職した人とはいえ、流石元医療従事者。説明は分かりやすいし、もの凄く的確だった。事前にわたしを怖がらせないよう言葉を選んで説明してくれたけど、検査後に再び話をしたら、このアルトログラフィーとかいう検査(つまり造影剤検査)、患者にとってはかなり不快なんだそうだ。彼女の原文ママの言葉で表現すると

 

’Unfortunately, the majority of radiographic procedures are TERRIBLY UNCOMFORTABLE.’

 

なんだそうだ。そしてその検査を受けたわたしは今、TERRIBLY UNCOMFORTABLEの本当の意味を知った・・・・・・ホント、たまらん痛みでした。特に検査前にすでに痛みがある場合、この検査は余計痛いんだそうです。は、ははは・・。

 

検査中、股関節内に圧をかけられるのだけど、これが身をよじる程痛い。空気を入れるんだったかな。それが余りにも痛くて涙と一緒に嗚咽が漏れた。こんなわたしを見て先生は二度も、局部麻酔を追加注入する羽目になってしまった。恐れ入ります。その後ストレス検査というのをされたのだけど、先生がわたしの足を持って、開脚したり曲げたりする度に、再びわたしは涙目になっていた~い、いた~いを繰り返した。

 

痛い痛いとしつこく書いてしまったけど、とにかく事前のMRI検査で見つかった右股関節に溜まっていた水は、無事に抜いて貰った。ただ検査が終わって二日が経った今、股関節の痛みはどうかというと、検査前と全く変わらないレベルで残っている。これがどうしてなのか分からず、新たな不安の種になっている。立ち上がるのも、歩くのも痛い。安静にしていても痛くて物事に集中出来ない。以前と同じレベルの痛みだ。これには先生も、首をひねっていた。

 

これまでわたしを診てくれていた整形外科のドクターが、来週、股関節の専門医に会って来て欲しいと言って、予約を入れてくれた。先生曰く、これだけ大掛かりな検査をしても(その前のレントゲンもCTもMRIも全部ひっくるめて)、目立って悪い箇所が見当たらないというのだ。悪い所が見当たらないのに股関節の専門医に会っても、特別に新しい情報を得られる気が、正直今はしない。何だかこれもまた線維筋痛症の痛みですと、言われるような気がしてきている。何か深刻な病気が見つかるよりも、線維筋痛症で片付けられる方が気が楽だと思う一方で、もしそうだとしたら、わたしの線維筋痛症は更に悪化したことを意味するんだな、と思う。それはそれでショックなのだ。

 

どんな結果が出るにせよ、心して受け止めていかなければならないのだけど、8月からずっと検査漬けで精神的な疲労が溜まっているし、安静にしていたって股関節の痛みは耐え難いし、これ以上歩行が困難になったらどうしよう、という不安が拭えない。

 

股関節痛。原因が分からないまま、4か月が経過した。

検査の痛みはたかが数十分の忍耐で終わるからいい(耐えられてなかったけど、わたしは)。やっぱり日々の痛みの方が、途方に暮れる。

f:id:circax:20161124105656j:plain