読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

circaのブログ

ほんでもまんで生きとるわいね

フレディのドキュメンタリーを見た

PPAPの面白さが全く分からなかったけど、エビインビン・バージョンを初めて聞いて、ツボにはまった。カナブンインビンに大笑いして、今日は一日が始まった。

 

いえ、今日はピコ太郎の話じゃないんですけど

 

一昨日、スマホYouTubeを見ようと思ったら、「あなたへのおすすめ」という表示が出てきた。フレディ・マーキュリーのドキュメンタリーだったので、わたしは喰いついた。一時間半のドキュメンタリーを食い入るように見た。二度、三度と繰り返し見てしまった。そのくらい良くできたドキュメンタリーだった。ロンドンの幼なじみにもメイルで勧めたら、彼女も一気に見たと言っていた。

 

わたし達がロンドンに着いたのは、1990年の9月の初めだった。そしてその二か月後、フレディが亡くなった。イギリス中が、彼の死を悼んだ。大袈裟だけどその位、彼の死は大きな衝撃だった。ウェンブリー・アリーナでフレディの追悼ライヴが開催されて、友人のカメラマンはアリーナへ飛んで行った。わたしと幼なじみは彼の家で、当時まだ赤ちゃんだった彼の息子のベビーシッターをしながら、テレビにかじりついていた。ドキュメンタリーを見ながら、当時のことを思い出した。

 

ドキュメンタリーでも言っていたけれど、80年代にアメリカのゲイ社会で徐々に蔓延していったエイズは、当時は治療法もない死の病だった。たくさんの憶測と誤解がエイズにはあって、「ゲイの癌」とも言われていた。フレディはエイズで亡くなったのだけど、彼の生前のプライベート・ライフが、ドラマと実写を交えて、ドキュメンタリーで詳細に描かれていた。フレディ役の俳優が本人にそっくりで、どれが再現でどれが実写か分からないほどだねと、幼なじみも言っていた。

 

フレディの生涯最後の恋人がとても優しい人だった。フレディの死は悲しいのだけど、彼の人生最後の時間はとても穏やかで、幸せそうで、彼の近い友人達の心温まるエピソードなどを聞いていたら、救われる思いだった。二人が付き合い始めて一年後、彼がフレディの誕生日に指輪をプレゼントするのだけど、フレディの驚いた顔が何とも可愛らしくて、勿論その部分は再現ドラマなんだけど、何度見てもグッときた。

 

あれだけの有名人だから、彼をだましたり裏切ったりした人もいた。裏切者はタブロイドにネタを売って、メディアから報酬を得ていた。どこの国でも同じなんだな。芸能界のことはさっぱりわからないけど、傍から見ていると向こうのタブロイド紙もかなりエゲツナイことをしている。

 

スターを裏切る人がいて、スターを心から愛してくれる人もいる。

80年代、90年代はまだ、LBGTなんて言葉もなかった。

自分を偽らずに生きたフレディの代償は大きかったけれど、彼の人生は満ち足りて見えた。

フレディは、恋人にも友人にも、バンドのメンバーにも恵まれて、精一杯歌って生きて、そして穏やかに逝った。

いいな、そういうの。

単純だけど、そう思った。

 

今夜は久しぶりにクイーンが聴きたいや。

ああ、この身体が昔みたいに自由に動けば

イギリスへ飛んで行きたい。

youtu.be